KODAMA GLASS > 強化ガラス専門店 > 良い点・注意点について
強化ガラスの良い点・注意点について

穴加工等したガラスでも、少々のことでは割れません
ガラス扉やドア、間仕切りや産業機器の一部にご使用できます

ガラスの破片で大ケガをする心配がありません
※窓ガラス等の使用に当たって、防犯性はありません(合わせガラスにして下さい)
※トップライト等、落下の可能性がある場所にはフィルム貼り・合わせガラスにしてご使用下さい

・テーブルの天板としてご使用の際、熱いお湯をこぼした程度では割れません
 ホットプレート、カセットコンロも特に問題なくご使用頂けます

・キッチンや飲食店のカウンターの油はね防止スクリーンとしてもご使用頂けます
 ※直接、炎や火の粉がかかる場合は、耐熱ガラスとして下さい

粉々に割れるため、製作後はカット・再加工はできません
サイズを良くご確認の上、ご注文お願いします

普通ガラスをカット・加工した後、熱処理により強化加工するため
少しお時間がかかります

製作の可否は都度ご連絡させていただきます
穴あけ加工や、切り欠き加工等が必要な場合は、図面をメール(PDF)またはFAXで
いただけるとやり取りがスムーズです

熱処理をしているため反りが出る可能性があります
特に長短比(長辺と短辺の比率)が大きい場合に反りが出やすくなります
目安としては、最大1:10までとして下さい(それ以上の場合は、別途ご相談ください)

JIS規格に準じて製作されておりますが、反りについてはノークレームにて
ご了承いただきますようお願い致します

観音扉で左右別々のガラスになる場合は、反りの向きを合わせることもできます
※別途ご指示下さい

ごくまれに起こる現象ですが、ガラス表面の傷やガラス内部の僅かな傷や不純物が
原因で自然破損することがあります

強化加工後に再加熱処理を実施し、不純物が含まれていた場合に強制的に破壊させる
「ヒートソーク処理」をしています
※条件的に「ヒートソーク処理」できない場合もあります
お客様サポートサービスについて
安全対策について
ここではガラスを安全・快適にご使用いただく為、各種加工やパーツについてご説明します

飛散防止フィルムにより災害時などの危険なガラス片の飛び散りを低減します

小さなお子様や高齢者の方がおられるご家庭や、ショウケースなどを置かれている店舗等
万が一の時の破損時も安心してご利用いただけます

ガラスのエッジを保護し、衝撃によるガラスの破片を防止します
サッシなどに入らない場合(エッジが直に出ている状態)やガラス戸当たり、
ガラス棚の破損防止などにご使用いただけます

厚みは3,5,6,8,10,12mm用があります

対応厚
3mm用 3.5 2,000
5mm用 10 5.5 2,000
6mm用 10 6.5 2,000
8mm用 10 8.5 3,000
10mm用 15 10.5 3,000
12mm用 15 12.5 3,000
※単位:mm

2枚以上のガラスを強靭な樹脂膜で接着して一体化します

樹脂膜の力で、割れてもガラスの破片が飛び散りません
一般的なガラスよりも安全性能が格段に向上しています

さらに、中間膜を厚くしたり、特殊中間膜をはさむことで機能追加を
実現しました。例えば、防犯性能・防音効果・紫外線カット・意匠性
など、あらゆるシーンで幅広くご利用いただけるガラスです


ガラスををオーダする際に確認していただきたいこと

まず初めにご希望のガラス種類のページをご確認下さい


当店ではお客様の「使用用途」「サイズ・形状」「設置場所・方法」により最適なガラス種類・厚み等を
ご提案し、お見積させて頂いただきます
お客様にもオーダー及び見積依頼される前に、ご確認いただきたい事をまとめましたので一度ご確認お願いします


ご注文される前に確認していただきたいこと



  ご不明な点や、ご質問がありましたらお電話にてお問い合わせ下さい。   
  お見積り・ご注文の際はホームページの「お見積り・ご注文フォーム」もしくは「FAX用お見積り・ご注文フォーム」が便利です!!

※各種お問合せには 担当 / 児玉(こだま)よりご返答させていただきます

page top